Xperia Xで動作するSailfish OSが間もなく登場、Nokiaの流れを汲むLinuxベースのOS

とてもマニアックなOSなのは間違いない

Nokiaが開発を主導していたLinuxベースの携帯端末用OS「MeeGo」。MeeGoの開発終了が決定した際、その開発者がロシアのJollaに移籍し、Sailfish OSとして開発が継続されていましたが、そのSailFishがSonyのAndroid端末、Xperia X上で動作する日が間もなく来ます。

この話、今年2月のMWCで発表されていたもの。単にXperia X上で動かすカスタムROMというわけではなく、Sonyが進めるOpen Device Programをサポートし、Sonyと提携して開発が行われています。簡単に言うなら、Sony公認のカスタムROMです。

OSのリリース日は9月27日。販売価格は€49.9(約6,500円)。

ただし、長期的な開発プロジェクトであるため、リリース時にはいくつかの機能が使えないとのこと。具体的にはBluetooth、一部のセンサー(気圧計、ステップカウンター)、指紋センサー、FMラジオが味サポートです。

また、端末に焼くためにはLimux端末が必要になるようです。

肝心のSailfish OSで何ができるのかですが、正直MeeGo以降の動きをほとんど追っていないため、詳しくは知りません。しかし、少なくともAndroidアプリはサポートしているようです。

以前にMeeGo端末を利用していた際には、iOSやAndroidとは比べ物にならないと感じたほど洗練されたUIを持っていただけに、その後どうなっているのかが気になります。

なお、今回のXperia向けSaislfishはシングルSIM版のXperia Xのみサポートとのこと。ExpansysなどではDual SIMのXperia Xが販売中ですが、これではダメみたいです。

Cloveではすでにディスコンでしたが、さて、どこかに転がっていないものか・・・。

(source Jolla)

タグ: , , ,

back to top