Xiaomi、1万円台で18:9ディスプレイなRedmi 5/Redmi 5 Plus発表。Snapdragon 450、625をそれぞれ搭載

とりあえず安いけど、あまり惹かれないな

Xiaomi(小米)が予告していたミドルクラスの新端末Redmi(紅米) 5 / 5 Plusが発表されました。どちらも18:9の縦長ディスプレイを搭載した今風な端末です。

Redmi 5と5 Plusはデザインは共通なものの、ディスプレイサイズはRedmi 5が5.7インチ 1440×720、Redmi 5 Plusが5.99インチ 2160×1080。SocはそれぞれSnapdragon 450と625で、Redmi 5 Plusのほうがややハイスペックとなっています。

カメラはどちらも同じで、背面カメラは12MP F2.2、フロントカメラは5MP。

スペック的にはそれほどでもありませんが、セルフィには力を入れているようで、朝の柔らかい光で撮影したような自然な写真が撮れるとアピールしています。

その他主な仕様は下記の通り。

仕様 Redmi 5 Redmi 5 Plus
ディスプレイ 5.7インチ 5.99インチ
解像度 1440 x 720 2160 x 1080
SoC Snapdragon 450 Snapdragon 625
RAM+ストレージ 2GB+16GB
3GB+32GB
3GB+32GB
4GB+64GB
リアカメラ 12MP F2.2 12MP F2.2
フロントカメラ 5MP 5MP
バッテリー 3300mAh 4000mAh
高さ 151.8mm 158.5mm
72.8mm 75.45mm
厚さ 7.7mm 8.05mm
重さ 157g 180g
WiFi 802.11 b/g/n(2.4GHz) 802.11 a/b/g/n(2.4GHz/5GHz)
Bluetooth 4.2 4.2

カラーはそれぞれ金、青、ピンク、黒の4色展開です。

ちなみにネットワークはFDD-LTE:1/3/5/7/8、TDD-LTE:34/38/39/40/41、WCDMA:1/2/5/8。

価格はRedmi 5の2GB+16GBが799元(約1万4000円)、3GB+32GBが899元(約1万5000円)。Redmi 5 Plusの3GB+32GBが999元(約1万7000円)、4GB+64GBが1299元(約2万2000円)。

それぞれ12月12日に発売となるようです。

スペックを考えると相変わらず安いですが、それ以外にはこれといった特徴もありません。しかし、その安さこそが重要と考える層も多いので、先代Redmi 4と同様に売れるのでしょうね。

ところで、プロモーションをしている女性はAKB48の親戚のSHA48だそうです。48シリーズは中国にも進出してたんですね。

(source Xiaomi)

タグ: , , , , ,

back to top