Xiaomi、Redmi 5 / 5 Plusを12月7日発表。18:9ディスプレイ採用、Twitterで画像を公開

やっぱりそろそろ2:1に言い直したい

Xiaomiの広報担当Donovan Sung氏が、12月7日に中国でRedmi 5、Redmi 5 Plusを発表するとして、端末画像をツイートしています。

価格や仕様などの情報はわかりませんが、画像を見る限り、18:9の縦長ディスプレイを採用するようです。

前モデルのRedmi 4は5インチ 1280×720、Snapdragon 430にRAM 2GB、4100mAhの大容量バッテリ搭載で699元(約1万2000円)でした(Snapdragon 625、RAM 3GBの上位版もありました)。Redmi 5もこれに近い仕様になると予想できます。

気になるのはRedmi 5 Plusの存在ですが、公開された画像を見てもイマイチ違いがわかりません。おそらくはディスプレイサイズの違いだと思うのですが、ひょっとすると高スペック版をPlusと呼んでいるのかもしれません。

先日のWikoもそうでしたが、18:9ディスプレイは格安端末にも浸透してきましたね。

でも指紋センサは前にあるほうが便利だと思うのです……。

(via The Verge)
(source Twitter)

タグ: , ,

back to top