Xiaomi、同社初のAndroid One端末「Mi A1」発表。Snapdragon 625にRAM 4GB、年内にAndroid Oreoへアップデート

デザインはとってもXiaomi。素のAndroidなので興味あります。

中国Xiaomiが同社初となるAndroid One端末「Mi A1」をインドで発表しました。

Xiaomiの端末はこれまで同社のカスタムOS「MIUI」の搭載が特徴となっていましたが、Mi A1はAndroid One端末なので当然MIUIではなく、素のAndroidが搭載されています。出荷時はAndroid 7.0ですが、年内にはAndroid 8.0へのアップデートが実施されます。また、来年には次期バージョンAndroid Pへのアップデートも予定されています(Android Oneは2年間のアップデートが保証されています)。

デザインはこれといった特徴はなく、とてもXiaomiっぽいというかiPhoneぽいというか。ディスプレイは5.5インチ 1920×1080、SoCはSnapdragon 625でRAM 4GBとAndroid Oneにしては高めのスペックとなっています。

背面カメラは12MP x 2のデュアル仕様。広角と望遠の組み合わせで光学2倍ズーム、デジタル10倍ズームとのこと。2つのカメラを使いボケ味を出すポートレートモードも搭載します。ちなみにフロントカメラは5MP。

▲なぜかiPhone 7 Plusと同様だとアピール

その他の使用としては、ストレージ64GB、microSD対応、バッテリー容量は3,080mAhなど。

インドでの発売は9月12日、価格は1万4999ルピー(約2万6000円)。インド以外でも香港や台湾などのアジア圏のほか、欧州、中東、南米での販売が予定されています。

▲日本では出ませんが、香港で出るなら入手はしやすそうです。

発表の様子は下記。

(source Xiaomi)

back to top