Xiaomi、Googleアシスタント対応のスマート家電を米国で発売

日本でも出さないかな

Xiaomiは4月、自社の音声アシスタント「Xiao AI」を発表したほか、すでに様々なスマート家電もリリースしています。そんなXiaomiが、Google I/O 2018において、Googleアシスタントと連携することを発表しました。

まずはMi Bedside Lamp、Mi LED Smart Bulb、Mi Smart Plugの3つを米国で発売するとのことです。

Mi Bedside Lampは1600万色の調色が可能なベッドサイトランプ。上部のタッチセンサーやMi Homeアプリからの操作に加え、Googleアシスタント経由でも操作が可能になるとのこと。

Mi LED Smart Bulbも同じく1600万色の調色に対応。PhilipsのHueみたいなものですね。Googleアシスタント経由で、口頭で色温度や明るさを指定できるとしています。「OK Google、Mi LED Smart Bulbを5400Kにして」みたいな感じでしょうか?

Mi Smart Plugは、非スマート家電をスマート化するアダプタ。電源プラグに差し込み、アプリや音声で電源のON/OFFをするものです。

このうちMi Bedside Lampは5月中に発売とのこと。米国外でも販売するのかはわかりませんが、日本でもせっかくTJCが正規代理店になったのだし、販売して欲しいところですね。

(via Droid Life)
(source Xiaomi)

back to top