4K撮影が可能な全天球カメラ Vyu360 4K Action CameraがKickstarterでキャンペーン中

Vyu360 4K

最近はやりの360度カメラですが、Kickstarterで世界初をうたう4K撮影が可能な360度カメラ「Vyu360 4K Action Camera」がキャンペーンを開始、そうそうに目標金額を達成しています。

4K 360度動画撮影が可能なアクションカメラ Vyu360 4K

Vyu360 4K Action Cameraは世界初をうたう4K撮影が可能な全天球カメラです。
前後に8MPのカメラを搭載し、静止画で3840×2160、動画では30fpsの4K動画撮影が可能とのことです。

Vyu360というのに聞き覚えがあったのですが、以前にやはりKickstarterでスマートフォンに装着して360度撮影を可能にするアダプタを出していたところですね。

コンパクトさでは新型も出たThetaにはかないませんが、動画撮影が最長90分可能という点がThetaにはない魅力でしょうか。

筐体は既製品?

ところで、このVyu360 4K Action Cameraですが、まったく同じデザインのカメラがExpansysで販売されていました。
GIGABYTEのJOLT Duo 360という360度カメラです。

こちらは4Kではなく、前後とも4MPのカメラで静止画の解像度は3008 x 1504となります。
でも筐体は全く同じように見えますね。

そしてもう一つ、GearBestにもほぼ同じ筐体のカメラがありました。

スペック自体はGIGABYTEのものと変わらないようですが、Vyu360やGUGABYTE Joltでは上部にあったRestホールが前面に来ているのがデザイン上の違いです。
ひょっとしたら、製品では上側にきているのかもしれない(違いはない)ですけど。

KickstarterやIndiegogoなどのクラウドファンディングでキャンペーンをはじめた製品が、キャンペーン中に中国メーカーにコピーされるのはよくあることなのですが、今回の場合はVyu360のほうが後発っぽいです。

筐体は既製品を使うにしても中身は4Kにアップデートされているので問題ないとは思いますが、Kickstarterのキャンペーンページをみると筐体も一からデザインしたような雰囲気なんですよね。
その辺がどうにもモニョモニョするのですが、安く、そして4K撮影も可能な360度カメラがほしい場合にはVyu360はお手頃かもしれません。

(source Kickstarter)

タグ: ,

back to top