解像度がアップし、装着感も向上したVIVE PRO発表。PCと無線接続するVive Wireless Adaptorも発表

VIVEはスペックアップ方向へ、Oculusはお手軽な方向へ進み始めた感じ

HTC Vive Pro

HTCがラスベガスで開催中のCES2018において、新型VRヘッドセット、VIVE Proを発表しました。

VIVE Proは既存のVIVEのアップグレード版。解像度はVIVEから78%アップとなる2880×1600。VIVEでは後付けキットとなっていたVIVE DELUXE AUDIO STRAP相当と思われるヘッドセットが標準装備となっています。

装着時の重心の変更や、ディスプレイの前後位置が微調整が可能になるなど、付け心地もアップしているようです。

また、ゴーグルを外さずに周囲が見れるようアップグレードが行われています。AR、MR的な使い方も出来るのでしょうか?

VIVE Proの発売時期や価格は不明。VIVE Proの価格はVIVE据え置きで、既存VIVEの値下げを期待したいところですが、どうなるでしょうか……。

VIVE Proと同時に、VIVEをワイヤレスでPCと接続するVive Wireless Adaptorも発表されました。VIVE Proだけではなく、既存のVIVEにも対応します。WiGigにより60GHzでの通信に対応しているとのことです。

こちらは第3四半期に発売されるとのこと。価格は不明です。

(source VIVE, VIVE PRO)

タグ: , , ,

back to top