Nintendo LABOを収納するダンボール製キャリングケースをUPSが開発

これは販売してほしい

4月20日に発売されたNintendo LABO。ダンボールを組み立て、ロボットやピアノ、釣りにバイクなど様々な遊びが出来るのが特徴です。しかし困っている人が多いのではないかと思うのがその収納。

よく出来ているとはいえ、ものはダンボール。そこらに置いておくにもかさばりますし、うっかりするとすぐに壊れてしまいそうです。

そんなLABOの収納に便利なキャリングケースを米運送会社のUPSが制作しました。しかもNintendo LABOにインスパイアされたということで、すべてダンボールで制作されています。

自社のダンボール7箱を使い、カットはレーザーカッターを使用。6人がかりだったものの、12時間で制作したとのことです。

ダンボール製のタイヤで移動も可能。ダンボール製の南京錠で施錠も可能です。

この動画を公開したところ、多くの反響があったとのこと。要望が多ければ発売も検討するとのことですが、いまのところ何も決まってはいないようです。

こんな収納ケースがあれば、子供もすすんで片付けをしそうですね。

(via gamesradar)
(source Twitter)

back to top