2016.6.23

オンライン学習のUDACITYにAndroidアプリ開発の初心者コース「The Android Basics Nanodegree By Google」が開設

Develop-for-Android-Chalkboard-768x768

GoogleやFacebookなどが開発したカリキュラムを受講できるオンライン学習サイト UDACITYで、Androidアプリ開発の初級者コース「The Android Basics Nanodegree By Google」が開始されました。
「コードを1行も書いたことが初心者向け」のコースということです。

広告

専門分野のスキル学習ができるUDACITY

オンライン学習サイトはほかにもいくつもありますが、UDACITYはGoogleやFacebook、NVIDIAなどのIT企業が作った専門分野に特化した学習コースを受けられるのが特徴です。

なかでも「Nanodegree」というコースは、需要の高い職業に就けるように専門技術を習得するコースで、かなり本気度の高いものとなっています。

Android Basics Nanodegree

今回のAndroid Basics Nanodegreeはまったくの初心者向けのコースとなっており、Androidアプリで利用するJavaの基礎やWeb API、SQLliteの利用方法などが学べるようです。

コースの説明を見ると、シングルスクリーンアプリ、クイズアプリ、ニュースアプリなどを作るようです。

学習時間は平均165時間で、毎日2時間勉強しても修了するまでに3か月弱かかる計算です。

早期修了者50名は上位コースを受ける奨学金を支給

このAndroid Basics Nanodegreeを終了した先着50名には、Googleが上位コースである「Android Developer Nanodegree」を受講する学資を支給してくれるそうです。

今日から開始されたはずなのですが、すでにトップの人は49%の達成度になってるんですよね。
経験者なのかな?

受講料金は月額$199

肝心の受講料なのですが、少々高めで月額$199(約21,000円)となっています。
1週間は無料体験が可能です。

金額的にも学習時間的にも「ちょっと勉強してみる」という感じではなく、「スキルを身に付けて就職を有利に(仕事にしたい)」という感じのものです。
やや高い気もしますが、Androidは世にあふれているわけだし、本気でやれば投資に見合うだけのリターンは得られる可能性が高い気もします。

実際に「Android Basics Nanodegree」を体験

1週間は無料ということなので、登録してました。
登録時にはクレジットカードが必要ですが、日本のカードでも問題ありませんでした。

当然ながら画面はすべて英語です。

スクリーンショット_062316_020910_PM

メイン教材の動画も英語ですが、字幕で日本語が選べます(Getting Startの動画だけ自動翻訳をする必要がありましたが、その後の動画は日本語字幕が用意されています)。

スクリーンショット_062316_020640_PM

「コードを1行も書いたことがない初心者向け」ということもあり、内容はかなり簡単です(今のところ)。これなら、他の言語を触ったことがある人なら、頑張れば無料期間の1週間以内で終了することもできるかもしれません。

せっかくなので1週間は受講してみて、継続するかどうかを考えたいと思います。

(via TheNextWeb)
(source udacity, Android Basics Nanodegree)

タグ: ,

Lightningで充電できるモバイルバッテリ ROMOSS ACE 10000mAh、22日未明にタイムセールで1,650円

ウサギデザインのモバイルバッテリなども手掛けるROMOSSが、10000mAhのモバイルバッテリ「ROMOSS ACE 10000mAh」を明日の未明22日 AM2:10~10:10までタイムセールを行います。 関連: ...

back to top