TP-Link、スマートハブ機能を内蔵したメッシュネットワーク機器「DECO M9 Plus」を米国で発売

スマートハブ内蔵いいな

米TP-Linkがメッシュネットワーク対応の新製品、DECO M9 Plusを発表しました。デザイン的には日本でも発売されているM5と変わりませんが、AC2200のトライバンドWi-Fiに対応。またBluetooth、ZigBeeを内蔵しており、スマートホームハブとしても機能します。

メッシュネットワークは複数のアクセスポイントをシームレスに切り替えながら家中どこでも快適な無線が使えるようにするもの。中継器と似ている部分もありますが、中継器にありがちな「こちらの電波のほうが強いのに、微弱な親機の電波をつかんだまま……」といったことがありません。Google WiFiもメッシュネットワークな機器となります。

そんなDECO M9 Plusですが、最大100デバイスの同時使用が可能というトライバンドWi-Fiに対応。出力が強くなったためなのか、2台で4500平方フィート(約418平方メートル)をカバー。ちなみにM5は2台で3000平方フィート、3台で4500平方フィートでした。

そしてなんといってもZigBeeに対応したのが特徴です。ZigBeeはPhilips Hueなども使用している通信方式。Amazon Echo PlusもZigBeeに対応したハブを内蔵しています。ようするに、これがあれば別途Hueのブリッジを使わなくても直接Hueなどのスマート家電を操作可能になります。メッシュ機器に内蔵すると、家中くまなくカバーできるので理想的な気はします。

価格は2個パックで299.99ドル。日本での発売も期待したいところですが、M5のメッシュネットワークに加えられるのだろうか?

(via The Verge)
(source TP-Link(1), (2))

back to top