2016.8.18

スマートフォンをノートPCに変えるSuperbookがKickstarterでキャンペーン中

andromium

最近のスマートフォンは一昔前のPC並みのスペックを持っており、これにディスプレイとキーボードをつければ普通にPCとして使えるのではないか?というアプローチは以前からありますが、その集大成的なプロジェクト、The SuperbookがKickstarterでキャンペーンを行っています。

専用アプリをインストールしたスマートフォンを接続するだけで利用可能

Superbookと同様の製品として、motorolaが発売していたWebtopというのがありますが、これは利用できるのが一部のMotorola端末のみでした。

これに対してSuperbookはスマートフォン側がUSB-OTGに対応していれば利用可能ということです。
ただ、一応推奨環境があり、最小スペックは下記の通りです。

  • Android 5.0以上
  • Dual Coreプロセッサ以上
  • RAM 1.5GB以上
  • 25MB(100MB以上推奨)の空きストレージ

最近の端末であればほぼ問題ないですね。

そしてAndroidだけではなく、MacやWindowsタブレット、Stick PCなどに接続してセカンドディスプレイとしても利用可能です。
USB接続のディスプレイとして認識されるのでしょうかね?

superbook

なお、スマートフォンにインストールする専用アプリはAndromiumです。

Andromium OS (Beta)

Andromium OS (Beta)
開発元:Andromium Inc.
無料
posted with アプリーチ

そんなSuperbookですが、スペック的には下記のようになっています。

  • ディスプレイ:11.6インチ(1280 x 768、1920 x 1080にアップグレード可能)
  • サイズ:193 x 287 x 18 mm
  • 重さ:0.9Kg
  • バッテリ:約8時間利用可能

プロセッサやメモリはスマートフォンのものを利用するので、Superbook自体には非搭載です。

Andromiumのラップトップ版

利用するアプリがAndromiumという時点で気づく人もいると思いますが、Superbookは2014年12月にKickstarterでキャンペーンを行っていたAndromium Dockのラップトップ版です。

Dock版では別途ディスプレイやキーボード、マウスを接続する必要がありましたが、Superbookではそれらが一体型として提供されているというわけですね。

アプリはAndroidのものがそのまま利用可能ということです。
マルチウィンドウに対応しているあたりは、Remix OSに近いものがあります。

キャンペーンは8月21日まで

Kickstarterでのキャンペーンは2016年8月21日まで。
目標額の$500,000は軽くクリアし、5倍近い$2,350,000以上の出資が集まっています。

Superbookが入手可能な出資額は$99。
うまくいけば2017年2月に出荷予定となっています。

(source Kickstarter)

タグ: , ,

back to top