Sony、有機ELを搭載したwena wristの新モデル「wena wrist pro」「wena wrist active」を発表

Apple Watchと合わせてる人が結構いるらしい

Sonyが時計のバンド部にスマートウォッチとしての機能を詰め込んだwena wristの新製品、「wena wrist pro」と「wena wrist active」を発表しました。

wena wrist pro

wena wrist proは腕時計としての質感や高級感を追求したモデル。バンド幅と厚みを小さくすることにより、従来モデルと比べて体積比で約25%の小型化を行っているとのこと。

バンド部に新たに有機ELディスプレイを搭載。電話やメールの着信などで、送信者やタイトルの確認が可能になりました。大きめの文字で1行表示、小さめの文字での2行表示を切り替え可能です。

防水性能は従来のIPX5/IPX7相当から5気圧防水へ向上。もちろん、Felicaによる電子マネー機能にも対応します。

ただし、従来モデルと同じですが、電子マネー機能の初期化にはiOSが必要とのこと。Androidしか持っていない人は知り合いに借りるなどする必要があります。

市場推定価格はシルバーが3万5000円前後、プレミアムブラックが3万7000円前後。12月21日に発売です。

wena wrist active

wena wrist activeは、GPSと心拍センサーを搭載。スマートフォンを携帯しなくても、ランニングなどの経路や平均速度、心拍数などを計測可能。

また、時計のヘッド部分が簡単に着脱できる構造になっており、シーンに合わせて付け替え出来るほか、時計を使わずスマートバンドとしても利用できます。

こちらもwena wrist pro同様に有機ELディスプレイを搭載し、電話やメールの着信のほか、心拍数や速度の確認も行えます。

activeの発売は2018年3月上旬の予定。市場推定価格は3万円前後となっています。

機械式とソーラー充電対応の新型ヘッド

スマート機能とは直接は無縁ですが、wena wristブランドの機械式ヘッド 「wena wrist Mechanical head」とソーラー式の「wena wrist Solar head」も発表されました。

なお、専用のヘッドを購入せずとも、ラグ幅22mmの時計であれば装着が可能です。

スマートバンドとしても利用可能なactiveのほうはちょっと気になります。買うならこちらかな?

(source プレスリリースwena wrist prowena wrist active)




タグ: ,

back to top