2017.4.10

Sony、紙の書き心地を追求した第2世代のデジタルペーパー「DPT-PR1」発表 約8万円で6月5日発売

ソニーが紙のように読み書きできることを目指したデジタルペーパー「DPT-RP1」を発表しました。同社のデジタルペーパーとしては、DPT-S1に続く2代目となります。

サイズは前モデルと同じくA4相当の13.3インチですが、解像度が従来の1200×1600から1650×2200へとアップしています。重さは349g(S1は358g)で、10インチ以上のモバイル製品として世界最薄最軽量をうたっています。

DPT-S1で得られたユーザーからの声を参考にし、より紙のような使い心地を実現できるように追及したとのことです。

ディスプレイ表面には独自開発のノンスリップパネルを採用。ペン先の滑りを抑え、適度な抵抗感を持たせることで、より紙に近い書き心地を実現したとのことです。

16GBのストレージを内蔵しており、WiFiやBluetoothで専用アプリを介してPCとファイルをファイヤレスでやり取りが可能です。なお、microSDなどの外部ストレージには非対応となっています。

Felicaにも対応しており、IDカードなどに使われるFelicaカードやおサイフケータイを使ってデバイスのロック解除が行えます。

完全に企業ユースな製品ですが、いろいろと使い道がありそうで気になります。ただ、読み書きできるのはPDFのみ。電子書籍などを表示することはできないのがちょっと残念です。

発売は6月5日。市場推定価格は8万円前後となっています。

(source sony)

タグ: ,

back to top