スマートスピーカーの出荷台数、GoogleがAmazonを逆転。2018年第1四半期の調査結果をCanalysが発表

Cortanaさんはどこに行ったのだ……

スマートスピーカー

Amazon EchoにGoogle Home、AppleのHomePodやLine Clova、Xiaomi、Alibabaなどなど百花繚乱のスマートスピーカーですが、Amazon Echoが独走しており、そのあとをGoogleが追いかけるという構図が長らく続いていました。しかし、それも終わりを迎えたようです。

2018年第1四半期の出荷台数でGoogle HomeがAmazon Echoを逆転したと調査会社のCanalysが報じています。Google HomeやGoogle Home Miniなどを含めた出荷台数は320万台。対するAmazon EchoやEcho DotなどのEchoデバイスは250万台だったとのことです。

3位はAlibabaグループのTmall Genieの110万台、さらにXiaomiのAIスピーカーが60万台で続きます。売り上げ不振が噂されるAppleのHomePodは「Others」に入っているようです。

国別の出荷台数では、やはり米国がトップ。出荷されているメーカーもGoogle、Amazon、Appleとおなじみのもの。次いで中国。こちらのメーカーは米国とは打って変り、Alibaba、Xiaomi、DingDongが並びます。

なお、Googleが強くなった理由ですが、Canalysのアナリストは販売チャンネルが影響しているのではないかと分析しています。Amazonはメーカーであると同時に小売業者でもあるため、スマートスピーカーを扱う競合他社がGoogle Homeを優先して扱う傾向があるのだそうです。

この夏には、Echo ShowやSpotに競合するスマートディスプレイ製品も登場しますし、AmazonとGoogleの競争はさらに激しくなるかもしれません。

(via PhoneArena)
(source Canalys)

back to top