2016.5.6

腕でスワイプするとスマートウォッチもスクロール、カーネギーメロン大が新技術を発表

スクリーンショット_050616_124000_PM

いろいろと便利な機能がある反面、画面が小さく操作がしづらいスマートウォッチ。そんなスマートウォッチの操作を画面外の腕をタッチすることで行える技術をカーネギーメロン大が発表しました。

この技術、タッチする指に着けた指輪型の装置から発する高周波を手首に巻いたバンド内にある電極で読み取ることでどこに触れたか、どんな動きをしているかを取得できるというもの。

SkinTrack

動画では単純なスクロールなどのほかにもお絵かきやアングリ―バードをプレイしたりしています。

SkinTrackと名付けられたこの技術、研究室内の学生が考えたもののようですが、雰囲気的には卒業研究的なノリのものなのかな? 実用化するかどうかもわからないということですが、スマートウォッチを快適に操作したいという人には便利なのかもしれません。冬場は使えない気もするけど。ただ、こうまでして小さい画面を操作したいかなぁとも思います。

(source The Verge)

タグ: ,

back to top