Segwayが電動スケート「Drift W1」を発表

レガリアを持つ8人の王が現れそうです

セグウェイが6月28日、オランダで電動スケート「Segway Drift W1」を発表しました。

従来のセグウェイはタイヤの付いたプレート上のデバイスに乗るイメージでしたが、Drift W1はまさにローラースケートといったもの。左右それぞれに体重移動で操作するタイヤがあり、それを靴の裏に装着している感じです。

800以上の特許を使ったセルフバランシング技術を使用しており、ULやCEなど国際的な認定も取得済みとか。

この手の製品はこれが初というわけではなく、以前からいろいろと開発されています(その後販売されたかは定かではありませんが)。

市販されるものとしては、InMotion Hovershoes X1が7月中に499ドルで発売となるようです。

実績のあるSegwayが作るということで、Drift W1には期待したいところ。なお、Segwayでは、e-Skatesというカテゴリを定義しており、これを普及させようとしているようです。

日本では公道を走れませんが、これだけコンパクトならローラースケートやスケートボードのようにスポーツの一種として受け入れられるかもしれないですね。

なお、価格や販売日などは不明ですが、とりあえず中東地域で最初に発売されるようです。

(via engadget)
(source Segway)

back to top