楽天、携帯キャリア事業への新規参入を表明。第4のキャリアを目指し、早ければ2019年にサービス開始

その場合、楽天モバイルはサブブランドになるのかな?

楽天が携帯キャリア事業への新規参入を目指すと発表しました。実現すればドコモ、au、ソフトバンクと並ぶ第4の移動体通信キャリア(MNO)となります。

この話、総務省が4G用周波数(1.7GHz、3.4GHz)割り当てを公募する際、それに申請を行うと表明したもの。すぐにどうこうという話ではありませんが、認可が下りた場合には2019年中のサービス開始を目指すとしています。

ちなみに、申請を検討している1.7GHz、3.4GHzの枠は下図の①②③④。

▲総務省の「第4世代移動通信システムの普及のための特定基地局の開設に関する指針案について」より

楽天はすでに楽天モバイルとしてMVNO事業を展開中。11月にはFREETELの通信事業を吸収し、契約者数は140万人超。MVNO業界ではトップシェアを誇ります。さらに、楽天グループとしては、世界中に12億人を超える会員を抱えており、日本国内における楽天ID数は約1億と、すでに強固な基盤があると言って良さそうです。

モバイル決済でも楽天Edyを持っていますし、累計発行額が1兆円を超えたという楽天スーパーポイントもあります。1つのIDで携帯料金やネットショッピング、各種決済まで行えるなら、ドコモのdアカウント(dポイント)に負けないエコシステムとなりそうです。

なお、実際に認定が降りるのは2018年3月の予定。来年も携帯業界の動きがあわただしくなりそうです。

(source 楽天)

back to top