6GBのメモリを搭載しつつ、価格は$399のOnePlus3発表

oneplus3

OnePlusが史上初のとなる6GBのRAMを搭載したスマートフォン OnePlus3を発表しました。

RAM 6GBを搭載した「OnePlus3」

OnePlus3の特徴は何といっても6GBという大容量のRAMを搭載している点です。
最近のハイエンドモデルの主流が3GB、一部で4GBの採用が始まったという段階で6GBというのはなかなか凄いのではないでしょうか。
それでいて価格は$399(約42,000円)というのは、まさに破格といった感じです。

「OnePlus3」のスペック

そんなOnePlus3のスペックは下記。
同じ5.5インチのGalaxy S7 edge(ドコモ版 SC-02H)と比較してみます。

OnePlus3 Galaxy S7 edge
ディスプレイ 5.5インチ 5.5インチ
解像度 1920×1080 2560×1440
プロセッサ Snapdragon 820 Snapdragon 820
RAM 6GB 4GB
ストレージ 64GB 32GB+microSD(最大200GB)
リアカメラ 16MP(Sony IMX298) 12.2MP デュアルピクセル
インカメラ 8MP(Sony IMX179) 5MP
バッテリ 3,000mAh 3,600mAh
高さ 152.7mm 約151mm
74.7mm 約73mm
厚さ 7.35mm 約7.7mm
重さ 158g 約158g
USB Type-C(USB2.0) microUSB(USB2.0)
Bluetooth 4.2 4.2
WiFi 802.11 a/b/g/n/ac 802.11 a/b/g/n/ac
防水防塵 IP65/IP68
価格 $399(約42,000円) 87,000円(税別)

ストレージについては、microSDには非対応っぽいです。

中国メーカの採用が多い IMX298

イメージセンサはSony IMX298を採用しています。
昨年11月にリリースされたイメージセンサですが、Xiaomi Mi5やASUS Zenfone 3など中国系のメーカのハイエンドモデルでよく採用されています。

光学手振れ補正にも対応しており、それなりにいいカメラだと思いますが、実際に使ってみないとわからないですね。

メモリ以外にこれといった特徴がない だがそれがいい

正直なところ、RAMが6GBだという点を除くとこれといった特徴がないのですが、それだけ成熟した製品と言えるかもしれません。
尖った部分がなく、すべてが高度にまとまっているという感じです。

こんなのが$399で出てきたら、日本のメーカの端末なんてそりゃ霞みますよね・・・

「OnePlus3」は招待不要で購入可能

OnePlusの新製品と言えば購入には招待が必要でしたが、OnePlus3では招待不要で購入できるようになっています。
とはいえ、日本への発送は行っていないのですけどね。

米国でも販売されているので、転送を使えば$450くらいでは購入できると思います。

(source OnePlus)

タグ: ,

back to top