nuroモバイル、ソフトバンク回線を使ったプランを12月19日から提供開始

ちょっぴり割高だけど速度がでるなら。

MVNO(格安SIM)のnuroモバイルが、ソフトバンク回線を使ったプランを12月19日(火)から開始すると発表しました。

もともとドコモ回線を使った1GB刻みのプランや、1日5時間使い放題などを提供していますが、ソフトバンク回線のプランでは、通信容量2GBおよび5GBのプランを提供します。

従来からある「音声定額10分かけ放題」や「データ前借り」「翌月繰り越し」「端末補償」「訪問サポート」などのオプションサービスはソフトバンク回線でも利用可能です。

価格はデータSIMで980円から。

データ容量2GBプラン5GBプラン
データSIM980円/月1780円/月
音声通話SIM1680円/月2480円/月

このほか、容量チャージは10MB 400円、500MB、600円、1GB 1000円。音声通話は20円/30秒など。

チャージ金額はドコモ回線のプランと同じですが、基本料金は2GBプランで280円、5GBプランで480円ほど高くなっています。

ソフトバンク回線を使ったMVNOサービスはb-mobileなどが行っていますが、回線が空いているからなのか、いまのところ他のMVNOと比べて速度が出ているようです。

nuroモバイルでもドコモ回線と比べて速度が出るなら許容できる価格差かもしれません。

なお、ソフトバンクで販売された端末を使用する場合、2017年7月以降の端末であればSIMロックがかかっていても使えますが、それ以前の端末ではiPhoen以外は利用できないようなので注意が必要です。SIMロックを解除していれば問題はないようです。

nuroモバイル

back to top