Nokia初のAndroidスマートフォンはなぜNokia “6”なのか?

HMDがNokaブランドのAndroidスマートフォン「Nokia 6」を発表しましたが、なぜ「6」なのか?という点についてMy Nokia Blogが推測を行っています。

なぜ「6」なのか?

製品名に使われる数字は、シリーズもので連番の場合と、ディスプレイサイズをあらわしている場合があります。
前者だとiPhone 4/5/6/7、後者だとNexus 5、Nexus 6などですね。

今回のNokia 6の場合、ディスプレイサイズは5.5インチなので、6とは関係なさそうです(四捨五入で・・・という可能性はあるけど)。

では「6」はなんなのかというと、Nokiaブランドでリリースされる6番目のAndroidデバイスという意味ではないか?というのがMy Nokia Blogの推測です。

Nokiaブランド 6番目のAndroid端末説

「Nokia 6が最初のNokiaのAndroidではないの?」と思う人もいるかもしれませんが、Nokia 6はMicrosoftの縛りが終わった後、HMDが最初にリリースするNokiaブランドのAndroid端末ではありますが、過去にもNokiaブランドのAndroid端末は存在していました。

例えば世界初のUSB Type-C搭載端末 Nokia N1はAndroidタブレットでしたし、Nokia X、XLというAndroidスマートフォンもありました。

そんなNokiaブランドのAndroid端末は、Nokia N1、Nokia X、Nokia XL、Nokia X+、Nokia X2と5種類出ており、Nokia 6が6番目のデバイス、ということのようです。

実際にはNokia XL 4Gというのもあるので7番目になってしまうのですが、その場合はタブレットであるN1を除いて、「6番目のスマートフォン」ということかな?

これはありそうな気がしますね。

縁起がいい数字だから説

そしてもう一つの推測が、単に6は中国で縁起のいい数字だからというもの。
これもありそうですが、だったら8のほうがいいんじゃないかなという気もします。
8よりも6のほうが縁起がいいのかな?

2月26日に詳細発表がある模様

そんなNokia 6ですが、2月26日に詳細な発表が行われるということです。
中国外での発売でも発表されるんでしょうかね?

(source My Nokia Blog)

タグ:

back to top