HMDがNokiaブランドのスマートフォン復活第1号 「Nokia 6」を発表

HMD GlobalがNokiaブランドのスマートフォン「Nokia 6」を正式に発表しました。
※今回、画像は公開されておらず、トップの画像はWeiboでリークしているものです。

HMDは2016年5月にNokiaからライセンス料を支払うことでNokiaブランドとNokiaの持つ知的財産を利用できるという契約を締結しています。
ようするにNokiaブランドのスマートフォンを製造販売する契約を結んでおり、今回のNokia 6がNokiaブランドのスマートフォン復活第1号となります。

ただしNokia 6はグローバル展開はせずに中国のみ、JD.comで独占販売されるということです。

筐体はアルミのユニボディでディスプレイは5.5インチ。
Snapdragon 430を搭載するミドルクラスの端末となります。

仕様 Nokia 6
ディスプレイ 5.5インチ
解像度 1920 x 1080
プロセッサ Snapdragon 430
RAM 4GB
ストレージ 64GB
カメラ 16MP f/2.0 PDAF/8MP
OS Android Nougat
その他 Dolby Atmos搭載

価格は1699元(約29,000円)で2017年上旬に発売されるということです。

Nokiaブランドの復活は素直にうれしいのですが、端末をみると若干「コレジャナイ」感もあるのですよね。
個人的には以前のCシリーズ、Eシリーズのようなデザインの端末が出てきてくれることを期待したいです。

日本でも発売予定があったNokia E71

(via My Nokia Blog)
(source HMD)

タグ:

back to top