2016.10.6

マウスコンピュータ、USB接続でWindows Helloの顔認証を行えるカメラ CM01と、後付けの指紋センサFP01を発売

gallery03

マウスコンピュータが、既存のPCに接続することでWindows 10の生体認証機能「Windows Hello」を利用可能にする顔認証カメラ「CM01」と指紋認証リーダ「FP01」を発売しました。

顔認証でログインできる顔認証カメラ「CM01」

Windows Helloの顔認証は、その名の通り、ユーザの顔を認識することでWindowsにログインできるというものです。
パスワードの入力が不要なので、キーロガーやショルダーハックといった心配もありません。

USB接続なのでWindows 10を搭載したPCならノートPCでもデスクトップでも関係なく利用できるのも特徴です。
認識にかかる時間は1秒未満とのこと。

よく手がふさがってるときにタイムアウトでログアウトしてしまい、ログインするのにキーボードを打つのでイラッとすることがあったりするのですが、そういうのの解決になるかな?

直販サイトでの価格は税込7,980円。

gallery01
assocbtn_orange_amazon2._V288606659_

⇒ マウスコンピュータ 顔認証カメラ CM01

指紋認証リーダ FP01

指紋認証リーダ FP01は無線のUSBドングルのようなサイズの指紋センサ。
ノートPCなどで便利そうですね。

360度どの方向からでも指紋を読み取れ、認識にかかる時間は1秒以内とのことです。

直販サイトでの価格は税込4,980円。

gallery03

assocbtn_orange_amazon2._V288606659_

マウスコンピュータ 指紋認証リーダ FP01

タグ: ,

back to top