Moto Z2 Play正式発表。カメラ機能が強化、ゲームパッドなMoto Modsなども追加

日本でも出ますかね?

以前からいろいろとリークしていたMotorolaのMoto Z2 Playが正式に発表されました。基本的なデザインはMoto Z Playから大きくは変わっていませんが、指紋センサを兼ねたホームボタンの形状が変わり、カメラが強化されています。拡張機能であるMoto Modsは従来どおりです。

デザインはMoto Z Playから大きな変更はありませんが、厚みが1mm薄くなりMoto Zに近くなりました。ただしバッテリ容量が3510mAhから3000mAhへと減少しています。

背面のカメラは、Motorolaでは初のDual Autofocus Pixelテクノロジーを採用。Moto Z Playと比べてフォーカスが速くなり、f/1.7と明るいレンズのおかげで暗所にも強くなったとのこと。またレーザーオートフォーカスも採用しています。

ちなみにDual Autofocus Pixelを最初に搭載したスマートフォンはGalaxy S7です。

その他、主な仕様をMoto Z Playと比べてみたのが下記。

仕様 Moto Z2 Play Moto Z Play
ディスプレイ 5.5インチ Super AMOLLED 5.5インチ Super AMOLED
解像度 1920×1080 1920×1080
SoC Snaodragon 626 Snapdragon 625
RAM 3GB/4GB 3GB
ストレージ 32/64GB+microSD(最大2TB) 32GB+microSD(最大2TB)
リアカメラ 12MP f/1.7 LF 16MP f/2.0
フロントカメラ 5MP f/2.2 5MP f/2.2
バッテリ 3,000mAh 3,510mAh
高さ 156.2mm 156.4mm
76.2mm 76.4mm
厚さ 5.99mm 6.99mm
重さ 145g 165g
Bluetooth 4.2 LE+EDR 4.0 LE
WiFi 802.11 a/b/g/n 2.4GHz + 5GHz 802.11 a/b/g/n 2.4GHz + 5GHz
NFC 対応 対応
Android 7.1.1 7.0(出荷時は6.0.1)

Moto Mods対応のため、サイズ自体は大きく変わってはいませんが、全体に小型軽量化されています。

そんなMoto Modsにも新しいものが発表されています。中でも気になるのはMoto Gamepad。見た通り、Moto Modsに対応したスマートフォンを装着して使うゲームパッドです。

1034mAhのバッテリも内蔵し、連続で8時間使用することができるそう。

このほか、外付けスピーカーなSoundBoost 2や3490mAhの外付けバッテリー TurboPower Packも発表されています。

そんなMoto Z2 Playは7月にVerizonから発売され、SIMフリー版は晩夏の発売になるようです。

(source motorola)

タグ: ,

back to top