Motorola、国内全キャリア対応の「Moto G5S」発表。10月20日発売、2万8800円(税抜)

これといった特徴がないけど、返ってシンプルで使いやすいのかも。

モトローラ・ジャパンがミドルクラスのSIMフリースマートフォン、Moto G5Sを10月20日(金)に発売すると発表しました。今月初めには前後ともデュアルカメラになった5.5インチのMoto G5S Plusが発表されていましたが、その小型・廉価版。そしてもちろん、3月に発売されたMoto G5の後継モデルです。価格は2万8800円(税別)。

Moto G5Sはグローバルでは8月に発表されていた端末。デザインは先に発表されたG5S Plusと共通でフロント下部に指紋センサを搭載。ただ、カメラは前後ともにシングル仕様でディスプレイも5.2インチと小さくなっています。また、SoCもSnapdragon 430になっており、G5S Plusよりも仕様を落とした廉価版モデルとなっています。

なお、インターフェースはmicroUSBを採用。

仕様 Moto G5S Plus Moto G5S
ディスプレイ 5.5インチ 1920×1080 5.2インチ 1920×1080
SoC Snapdragon 625 Snapdragon 430
RAM 4GB 3GB
ストレージ 32GB + microSDXC(最大128GB) 32GB + microSDXC(最大128GB)
リアカメラ 13MP + 13MP f/2.0 16MP f/2.0
フロントカメラ 8MP LEDフラッシュ搭載 5MP LEDフラッシュ
バッテリ 3,000mAh 3,000mAh
サイズ 153.5×76.2×8.04(最薄部)mm 150.0×73.5×8.24(最薄部)mm
重さ 約170g 約157g
対応バンド 3G:1,2,5,8,19(6を含む)
LTE:1,3,5,7,8,18,19,20,26,28,38,40,41
3G:1,2,5,8,19(6を含む)
LTE:1,3,5,7,8,18,19,20,26,28,38,40,41

フロントカメラは5MPですが、G5S Plusと同様にLEDフラッシュを搭載。暗い場所でも自撮りが捗りそうです。

また、やはりG5S Plus同様に国内全キャリアに対応。特に記載はありませんが、au VoLTEにも対応しているはずです。

カラーはルナグレーとファインゴールド、オックスフォードグレーの3色。オックスフォードグレーのみ後日発売となります。

MVNO各社のほか、ECサイトや家電量販店でも販売を行うとのこと。

正直なところ、仕様的には一世代前のZenFone 3 Laserとほぼ同等で税込3万円はやや高い気もします。もっとも、各社割引をしてくるでしょうから、実売はもう少し下がると思いますが、あまりコスパが良い端末とは言いづらい。

ただ、国内全キャリア対応、そしてスペックアップしているカメラ機能がどの程度なのかによっては、評価が変わるかもしれません。

(source プレスリリース)

タグ: ,

back to top