Microsoft、GeForce GTX1060も搭載できるSurface Book 2発表。日本では13.5インチのみ発売

VRやMRにも対応。これから対応機種を買おうと思ってた人には良さそう。

MicrosfotがWindows 10 Fall Creaters Updateの配信に合わせ、Surfaceシリーズの最新機種「Surface Book 2」を正式発表しました。

Surface Bookは特殊なヒンジを使った2-in-1モデル。ラップトップ型で使えるほか、ディスプレイのみを取り外しタブレットとしても利用可能。キーボード部を裏に回して使うこともできます。

第2世代となったSurface Book 2は、第8世代のintel Core i7/i5を搭載し、GPUにはNvidia GeForce GTX1060も搭載可能。メモリは最大16GB。また、あらたに15インチモデルも追加され、15インチと13.5インチの2モデル体制となりました。

解像度は13.5インチが3000×2000、15インチが3240×2160。

強力なGPUを搭載することにより、Microsoftが推しているMixed Realityにも対応。VRでの利用も可能とのことで、AR、VR、MRには興味があったけど、対応したデスクトップを購入するほどでもないし・・・と思っていた人にはいいかもしれません。

そのほか、バッテリ寿命はビデオの連続再生で17時間持。ポート類はフルサイズのUSB 3.1が2つ、USB-Cが1つ、SDカードスロットに3.5mmジャックとなっています。

価格は15インチモデルが2499ドル(約28万円)~、13.5インチモデルが1499ドル~。ただし、国内では13.5インチモデルのみの取り扱いで、価格は200,664円~となります。

タブレットっぽく使いたいけど、Surface Proのようなキーボードカバーはイマイチ。やっぱりラップトップスタイルで……と考える層には受けそうですが、やっぱりお高いですね。

事前予約は11月9日から開始されます。

(source 米Microsoft, 日本Microsoft)

タグ: , ,

back to top