Micorsoftの特許情報に基づく3D画像公開。VAIO Pのような3DSのような折り畳みデバイス

このまま出て欲しい

Microsoftは以前から折り畳みデバイスの開発を行っているとの噂がありましたが、先週、そんな噂を肯定する2つに折りたためるヒンジを持ったデバイスの特許が公開されました。そして、その特許文章の中にあるイラストをデザイナーのDavid Breyer‏氏が3Dモデル化。レンダリングした画像をTwitterで公開しています。

2つに折りたためるデバイスは、これまでにも各社からいろいろと噂だったり特許だったり、ワーキングサンプルだったりが示されていますが、Microsoftのものはディスプレイが中央から分離しているセパレートタイプ。ZTEの「M」のようでもありますが、折り目にくる部分はエッジディスプレイのようになっており、境界を感じさせない作りなのが特徴です。

▲特許中にあるイラスト。

あくまでも特許での話なので、これがそのまま製品化されるわけではありません。でもこんな端末が出てきたらちょっとわくわくしますね。

2017年は18:9、ベゼルレスの年でしたが、やっぱり2018年は折り畳みデバイスの年になるのでしょうか。

(via The Verge)
(source Twitter)
(coverage 特許情報)

back to top