Microsoftの折り畳み小型Surfaceデバイスは2018年発売?

OSはWindows 10なんですかね?

以前から噂のあるMicrosoftの小型折り畳み端末Andromeda。昨年末には特許情報からコンセプト画像が作られたりしていますが、また新たな情報が出てきました。

The Vergeが入手したというMicrosoftの内部文書によると、AndromedaプロジェクトはSurfaceのロードマップ全体に影響を及ぼし、PCとモバイルの境界をあいまいにする「新しく破壊的な」デバイスカテゴリになるとのこと。

また、革新的な新しいハードウェアとソフトウェアのエクスペリエンスを集結し、真のパーソナルで多彩なコンピューティングエクスペリエンスを生み出すポケット型のSurfaceデバイスフォームファクタだともしています。

スタイラスでの操作もテストしているとのことで、プロトタイプにはメモ帳のようなアプリも含まれているとのこと。なお、プロトタイプはARMプロセッサで動作しているようですが、最終製品がintelaruiha
Qualcommになるのかは不明なようです。

実際のサイズ感がまだわかりませんが、以前に公開されたコンセプト画像や「ポケットサイズ」という単語からするに、GPD Pocketのような感じになるのでしょう。ただキーボードはなく、折り畳みのディスプレイを搭載していると言われています。この折り畳みディスプレイ、1画面を折るものではなく、ZTE Mのように2画面分割タイプです。

このAndromeda、2018年中にリリース予定とのことで、今年後半はGPD Pocket2やSamsungの折り畳み端末など、面白そうなものが多く出てきそうです。

(source The Verge)

back to top