MakuakeのGPD Pocket、キャンセル受付を開始。なお出荷は前倒して9月中の予定

Makuake出資者ですでにほかで買った人は、Makuake分を残したほうがいいのかも?

もともとindiegogoでキャンペーンが行われ、その後、日本のMakuakeでも出資を募っていたGPD Pocketですが、そのMakuake分のキャンセル受付が開始されています。キャンペーンが終了し、出荷予定のある製品のキャンセル受付は異例の対応ではあります。

GPD PocketのIndiegogo出資分は6月には開始されていました。不具合が見つかり日本向けの出荷が停止していた期間もありますが、7月末には出荷が再開されています。

そんな中、Makuakeの出荷は10月予定とかなり遅め。価格も先着200名は6万2640円(税込)と安かったものの、販売予定価格が8万円(税抜)とindiegogoで予告されていた599ドルから大きく乖離していました。

何より、Makuakeでキャンペーンを行っていたMCM以外の正規代理店から、6万5000円前後ですでに日本のAmazon等で販売が開始されており、キャンセルを求める声が強くなってきていたようです。たため、今回の対応となったようです。

キャンセル希望者は専用フォームから登録することで、全額返金を受けられるとのことです。

なお、Makuake分の出荷は、若干前倒して9月中に出荷予定となっています。当初指摘されていた問題(バッテリコネクタが外れやすい、BT/WiFiが不安定になる、ディスプレイの開閉センサの誤動作、など)は解消されているもよう。少しでも安定した製品が欲しいという人は、キャンセルせずにMakuake分を受け取ったほうがいいかもしれません。価格的、納期的にまてるのであればですが。

MCMは日本向けにGPD Pocketのサポートページも開設しており、購入後のサポートも期待できそうです。

[セット品]GPD Pocket (Win10/UMPC/480g/Z8750/8GB/128GB ) ,オリジナルType-C HUB(HDMI拡張ポート搭載)/液晶保護フィルム付属
assocbtn_orange_amazon2._V288606659_

(source Makuake)

タグ: ,

back to top