E-Ink版マメモ? キングジムがデジタルメモ「カクミル」のクラウドファンディングを開始

現代に蘇るマメモ

キングジムがE-Inkを使ったデジタルメモ「カクミル」のクラウドファンディングをMakuakeで開始しました。

簡単にいうと、電源OFF時でも画面が残っているE-Inkの特性を利用した机上メモ。メモは本体メモリに最大99枚保存できるほか、microSDに移すことも可能。メモだけではなく、カレンダー表示や電卓、ToDoなどにも使えるとのことです。

一見、便利そうではありますが、これまであったマメモと何が違うの?という気がします。マメモはタッチパネル対応のSTN液晶でしたが、それがE-Inkになったのがカクミルでしょうか?

Makuake上では、書いた内容にアラームを設定し、設定した日時に音と画面表示で通する機能を推していますが、これもマメモにあったような。

Makuakeの説明を見ると社内提案でボツになったものの、需要調査を兼ねてクラウドファンディングを実施することになったそう。マメモの焼き直しということではなさそうですが、全く無関係な気もしません。

とりあえず、Makuakeでの出資額は1万1000円から。上手くいけば、2019年4月に出荷の予定です。

(source Makuake)

back to top