ジンバルキラー!Insta360 ONEに画像を安定させるFlowState stabilization機能追加

前はそうでもなかったけど、かなり欲しくなってきた

Insta360が、カメラを振り回して自分を中心とした360°のバレットタイム撮影で話題をさらったInsta360 Oneのメジャーアップデートを発表しました。といっても、ハード的に新しくなるわけではなく、ソフトウェアのアップデートです。しかし、そのインパクトはかなり大きなものになっています。

最大の特徴はFloStateという画像の安定化技術。ようするにジンバル(スタビライザー)を使用したときのようにブレのない映像を提供するというものです。

実際にスマートフォン+ジンバルとInsta360 ONEのFlowStateを比較した動画も公開されています。

ジンバルに何を使っていたのかはわかりませんが、FlowStateのほうが安定している気がします。

Insta360のサイトで、FlowStateをオンにした場合をオフにした場合での動画の比較ができるようになっているのですが、普通のカメラで大きなブレを直そうとするとフレームからはみ出してしまう部分もあり、画像が小さくなりがちです。

しかし、Insta360 ONEはもともと360°撮影を行っているので、はみ出すということがありません。このため、ソフト的にブレを抑えた映像にしてから必要な画角で切り出せば、とても安定した画像が得られるというわけです。

Insta360が、ジンバルキラーと名乗るだけあって、非常に強力な機能です。

ほかにも、360°映像の中で指定したポイントを追従するSmartTrackや指定したポイント間をスムーズに移動するPivot Points機能なども追加されています。

既存のInsta360 ONEには今週末からファームのアップデートが可能とのことです。

360°撮影だけでなく、通常の撮影まで行えるとなると、かなり魅力が増しますね。Android版出してくれないかなあ。

(source insta360)

back to top