iFixitがAirpodsを分解 修理は不可能、リリースを優先して品質を落とした可能性も指摘

nbwmhaachtagdro2

iFixitが発売されたばかりのApple AirPodsを早速分解しています。

iFixitは「修理をする」という観点から様々な機器を分解し、その修理のしやすさを10段階評価のリペアスコアとしてあらわしていますが、AirPodsのリペアスコアは「0」、つまり修理不可能ということです。

AirPodsはケースの接合に接着剤が大量に使われており、分解するにはケース(外装)を破壊しなければいけないそうです。
これを修理しようと思う人もそうそういないと思いますけどね。

イヤホン自体は有線タイプのEarPodsとは作りが違っているようです。

v5xyd4hyb6dhdxxa

iFixitでは過去にEarPodsの分解もしているのですが、そのときの画像と比べるとAirPodsのユニットはかなり複雑化しているように見えます。
Bluetoothのイヤホンって大体こんなものなのかな?

なお、気になる点として、充電ケース内のチップの半田に微小な気泡が含まれているとのこと。
これは(作業の)品質が低いということなのだそうですが、リリースを急ぐために品質を犠牲にした可能性もあるということです。

中央に見える白い点々が気泡

中央に見える白い点々が気泡

分解した1台がたまたま・・・という可能性もありますが、ひょっとすると、今後充電ができないとかの問題が出てくるのかも。

(source iFixit)

タグ: ,

back to top