HUAWEI、18:9ディスプレイに防水対応のMate 10 Proを12月1日に国内発売。廉価版のMate 10 liteも発表

Mate 10 Pro激しくほしい。今年購入する最後の端末かな?

HUAWEI Japanが10月16日にミュンヘンで発表された最新端末、Mate 10 Proの国内発売を正式に発表しました。価格は89,800円(税抜)で12月1日(金)に発売となります。

ミュンヘンでの発表時に日本での発売も明かされていましたが、グローバル発表から1月半での国内発表はなかなかのスピード感。HUAWEIの本気度を感じさせてくれます。

18:9、防水になったMate 10 Pro

Mate 10 Proのディスプレイは6インチ OLED。流行りの18:9ディスプレイで解像度は2160×1080。P10など今年の機種は指紋センサが前面に来ていましたが、Mate 10 ProではMate 9同様に背面に搭載されています。

また、Mateシリーズで初めてIP67相当の防水防塵に対応。その代わりと言っては何ですが、3.5mmジャックが廃止されてしまいました。

カメラはリア、フロント共にLica仕様。リアカメラは画素数こそ12MPのRGB + 20MPのモノクロでMate 9と同じですが、F値が1.6と大口径になっています。

また、搭載しているSoCのKirin 970はAI専用のNPUを搭載。これを活かし、13種類の被写体・シーンを自動認識し、カメラの設定を最適化します。

なお、SIMはデュアル4G・デュアルVoLTE待ち受けに対応していますが、国内のVoLTEはソフトバンク網のみ対応とのことです。

▲docomoのVoLTEにも非対応?

カラーはミッドナイトブルーとチタニウムグレーの2色が発売されます。

▲ゴールドっぽいモカブラウンとピンクゴールドは日本では出ないらしい

海外ではnovaシリーズだったりもするMate 10 lite

Mate 10 Proと同時に、廉価版となるMate 10 liteも発表されました。こちらは12月8日発売で価格は4万2800円(税抜)。

廉価版といいつつ、仕様的にはミドルクラス。ディスプレイは5.9インチ 18:9(2160×1080)の縦長ディスプレイを採用しています。

カメラはLicaの名前は冠していませんが、背面が16MP + 2MPのデュアル仕様。フロントカメラも13MP+2MPのデュアル仕様となっています。ただし、Mate 10 ProやMate 9などとは違い、RGB+モノクロの組み合わせではなく、どちらも2MP側は深度センサとしてのみ利用します。

ちなみにこのMate 10 lite、Mateシリーズとしてリリースされましたが、海外では国により同じ端末が「nova 2i」として発売されています。

なので、Mateの名前ではありものの、基本、まったく別の系譜にある端末と考えたほうがいいかもしれません。

仕様

Mate 10 Pro、liteそれぞれの主な仕様は下記。

仕様 Mate 10 Pro Mate 10 lite
ディスプレイ 6インチ OLED 5.9インチ IPS
解像度 2160×1080 2160×1080
SoC Kirin 970 Kirin 659
RAM 6GB 4GB
ストレージ 128GB 64GB+microSD(最大256GB)
リアカメラ 12MP+20MP 16MP+2MP
フロントカメラ 8MP 13MP+2MP
バッテリ 4000mAh 3340mAh
高さ 154.2mm 156.2mm
74.5mm 75.2mm
厚さ 7.9mm 7.5mm
重さ 178g 164g
WiFi 802.11 a/b/g/n/ac(2.4/5.0GHz) 802.11 b/g/n(2.4GHz)
Bluetooth 4.2 with BLE 4.2 with BLE
防水防塵 IP67 非対応
ネットワーク FDD LTE:B1/2/3/4/5/7/8/9/12/17/19/20/26/28/32
TDD LTE:B34/38/39/40/41
FDD LTE:B1/3/5/7/8/19/28
TDD LTE:B38/40/41

(source Twitter, PRTimes(1), (2))

タグ: , ,

back to top