HUAWEI、上下左右と裏面もエッジになったhonor Magicを発表

honor-magic-2

HUAWEIが予告していた通り、同社のサブブランド honorの最新機種 honor magicを発表しました。

左右だけでなく、上下、裏面も湾曲した「honor Magic」

噂ではXiaomiのベゼルレス端末 Mi MIXの対抗製品を出すのではないかということですが、発表されたmagicはベゼルレスのように見えなくはないものの、エッジスクリーンでベゼルレスを演出しているみたいですね。
左右だけでなく上下も湾曲、そしてディスプレイ面だけでなく背面も湾曲しており、かなりシャープな印象になっています。

honormagic

スペック

honor Magic honor 8
ディスプレイ 5.09インチ 5.2インチ
解像度 2560 x 1440 1920 x 1080
プロセッサ kirin 950 Kirin 950
RAM 4GB 4GB
ストレージ 64GB 32GB + microSD
カメラ 12MP x 2 / 8MP 12MP x 2 / 8MP
バッテリ 2900mAh 3,000mAh
高さ 146.1mm 145.5mm
69.9mm 71mm
厚さ 7.8mm 7.45mm
重さ 145g 153g
WiFi 802.11 b/g/n/ac 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth 4.2 LE 4.2 LE
NFC 対応 対応
Android 6.0 6.0
LTE B1/2/3/4/5/7/8//12/17/18/19/20/26/28 B1/2/3/4/5/7/8/12/17/19/20

ベースはhonor 8と変わらない感じです。
honorブランドということもあって、あまりハイエンドよりになるのは避けたのでしょうか?

Magicの特徴的な機能

「Magic」というのにふさわしいかどうかはわかりませんが、honor Magicには特徴的な機能が搭載されています。

WiseScreen

一つ目がWiseScreen。
端末前面にある赤外線センサがユーザの目を認識、またフレーム内にあるセンサが端末を手に持っているかどうかを検出し、画面を見るように持つと自動で画面がONになり、また下を向けたりカバンに入れたりすると自動でOFFになるとのこと。

5850eccfn8472f299

FaceCode

2つ目がFaceCode。
要するに顔認識技術ですが、登録した所有者が端末を持っている場合にのみメールの通知などの詳細を表示し、それ以外の人の場合には詳細を隠すという機能です。

9k

中国国内のみで販売?

グローバルでの発売が不明ですが、中国国内ではすでに予約を開始しており、12月25日に発売となるようです。
価格は3699元(約63,000円)とhonorシリーズとしてはかなり高めです。

持ちやすさだとか、落としたらすぐに割れそうだとかの懸念はありますが、かなり面白そうな端末ですね。
これは実物を見てみたいなぁ。

(source honor)

タグ: ,

back to top