HUAWEIがBootloaderアンロックサービスを廃止。5月24日以降発売の端末はサポート対象外に

既存端末もアンロックコードの発行は7月22日まで

HUAWEIがデバイスのBootloaderアンロックサービスを終了すると発表しました。理由はユーザーエクスペリエンスの向上とROMを焼くことによる問題を回避するため。5月24日以降に発売される端末には、アンロックコードは発行されず、既存の製品についても5月24日から60日後(7月22日)にサービスを終了するとしています。

HUAWEIのBootloaderアンロックは、対象のデバイスにHUAWEI IDでログインし、14日以上経過すればアンロックコードが申請でき、無料でロック解除が可能でした。しかし、今後はこれが利用できなくなります。

Bootloaderのアンロックがまったくできなくなるわけではなく、DC-Unlockerなどのサービスを使えば、アンロック自体は可能だと思います。ただ、有償サービスですし、端末がリリースされてから解除可能になるまで時間がかかることもあり、不便になることは間違いなさそうです。

カスタムROMに関しては、GoogleもGAppsのインストールを制限すると、締め付けが厳しくなってきている印象です。

ごく一般的なユーザーにとっては、関係のない話ではありますし、セキュリティ的にも良いことなのでしょうが、ちょっとした寂しさも感じます。

(via Android and Me)
(source HUAWEI)

back to top