HTC U11+はPixel 2 XL(muskie)になるはずだった?

Pixelとして出るのとどちらが良かったのだろう?

先日発表されたHTCの18:9ディスプレイ搭載スマートフォン HTC U11+ですが、実はHTCがPixel 2 XLとして開発していたものの、開発中止となったコードネーム「muskie」だとThe Vergeが報じています。

なぜGoogleがMuskieをキャンセルし、TaimenをPixel XLの後継に据えたのかはわかりませんが、Muskie(HTC U11+)がSuper LCD 6を採用したのが原因かもしれません。

Googleとしては、 噂の出ていたiPhone Xの直接のライバルになると考えていたでしょうし、iPhone Xが採用するとされていた(そして実際に採用した)OLEDに対して、昔ながらのLCDでは分が悪いと考えたとしても不思議はありません。

その結果がPixel 2 XLにまつわる焼き付きやらクリックノイズ、OSが入っていない端末の出荷だったりするとなると、残念としか言いようがないのですが。

ちなみにPixel 2、Pixel 2 XL、U11+の仕様を比較すると下記のようになります。

仕様Pixel 2Pixel 2 XLHTC U11+
ディスプレイ5.0インチ6.0インチ6.0インチ
解像度1920×1080 AMOLED2880×1440 POLED2880×1440 Super LCD 6
SoCSnapdragon 835Snapdragon 835Snapdragon 835
RAM4GB4GB4GB/6GB
ストレージ64GB/128GB64GB/128GB64GB/128GB
microSD非対応非対応対応(最大2TB)
リアカメラ12.2MP f/1.8 OIS+EIS12.2MP f/1.8 OIS+EIS12MP f/1.7 OIS+EIS
フロントカメラ8MP f/2.48MP f/2.48MP f/2.4|8MP f/2.0
バッテリー2700mAh3520mAh3930mAh
防水防塵IP67IP67IP67
OSAndroid 8.0Android 8.0Android 8.0

やっぱり仕様はかなり近いですね。Pixel 2 / 2XLが日本で発売されそうもないので、せめてU11+を期待したいところです。

(source The Verge)

タグ: , , ,

back to top