HTC、照明機器に組み込んだ転倒・転落検知システムの特許取得

病院とか老人ホームとで需要は高そう

HTCが人の転倒・転落を検知できる照明装置の特許を所得しました。HTC Viveのルームスケールを実現する技術を応用……しているのかどうかは定かではありませんが、出願は2015年11月。

人が長時間動かなかった場合に発報する人感センサーは以前からあります。しかし従来のセンサーでは人が倒れてしまったあとにその状態を検出することが難しいそうです(座ったり立ったりしているのに対して、倒れてしまうと床に横たわってしまう為、同じセンサーでは上手く検知できないとのこと)。

これに対してHTCの特許では、照明機器の内部に2つのアンテナ(センサー)を内蔵し、異なる位置、姿勢での状態を検出できるとしています。

ちなみにHTCは、高齢者が転倒・転落しやすい、家の中で最も危険な場所はバスルームだと想定しています。

▲左:従来の機器、右:HTCの特許機器。

特許を取得したからと言って、すぐに製品化されたり、HTCがこの分野に進出したりするとは限りませんが、何かと話題のスマート家電やスマートホームの一部と考えると、なかなかに面白そうな製品になりそうです。

(via Slashgear)
(source USPTO)

back to top