日本HP、一部のノートPCについてバッテリパックのリコールを発表。火災ややけどの危険性

ツールが提供されているので、該当製品所有者は一度チェックを

日本HPが一部のノートPCとモバイルワークステーションについて、バッテリパックの自主回収プログラムを発表しました。いわゆるリコールです。

HPによると、対象製品用にサプライヤーの1社から提供されたバッテリパックに潜在的な安全上の問題がある(異常過熱し、、火災の原因、やけどの危険性があるとのこと)ことが判明したとのこと。

対象となるバッテリパックは2015年12月~2017年12月に全世界で発売された下記の製品の中の一部(すべてではありません)。このうち赤字のものが、対象のバッテリパックを搭載または保守サポートで修理交換した可能性がある日本国内販売製品になります。

  • HP Probook 640 G2/G3
  • HP Probook 645 G2/G3
  • HP Probook 650 G2/G3
  • HP Probook 655 G2/G3
  • HP ZBook 17 G3/G4
  • HP ZBook Studio G3
  • HP x360 310 G2
  • HP Pavilion x360
  • HP ENVY m6
  • HP 11 Notebook PC

上記の多くの製品がバッテリをユーザーが取り外すことが出来ない製品とのこと。このため、交換までの間、安全に利用できるよう、自主交換の対象バッテリパックと確認された場合には、BIOSアップデートによりバッテリを無効化し、ACアダプタ接続のみで利用できる「バッテリ安全モード」を提供するとのことです。

また、対象バッテリパックかどうかを判断するためのユーティリティーも提供されています。

該当製品を所有している人は、一度チェックをしてみてください。

(source HP)

タグ: , , ,

back to top