HPとAcerがChromebookの新機種を発表。今年はChromebookがさらに普及する?

日本でもそろそろ普及しないですかね

日本ではイマイチ盛り上がらないChrome OS、Chromebookですが、海外ではすでに一定の支持を受けており、それなりに普及している様子。昨年末あたりから、機能アップやアプリ対応などの話題も増えてきています。

そんな中、HPとAcerがCES 2018に合わせてChromebookの新機種を発表しました。

HP Chromebook 11 G6 Education Edition

1つ目はHP Chromebook 11 G6 Education Edition。11.6インチ 1366×768のIPSディスプレイ。オプションでタッチスクリーンに変更可能です。教育機関で使われることを考慮し、多少手荒に扱っても大丈夫なようMIL-STD 810Gに準拠する高い耐衝撃性能をもっているのが特徴。70cmの高さからコンクリートに落としても問題ないとしています。また、キーボードは多少のこぼれ、水濡れなら壊れることもありません。

主なスペック。

  • ディスプレイ : 11.6インチ IPS 1366×768
  • CPU : Celeron N3450、N3350
  • RAM : 8GB
  • ストレージ : 16~64GB
  • インターフェース : USB Type-C(3.1) x2、USB Type-A(3.1) x1、3.5mmジャック
  • バッテリ : 47.36W、45W USB Type-C充電
  • サイズ : 30.6×20.8×1.805cm
  • 重さ : 1.24Kg

価格は不明ですが、前モデル(G5 EE)が299ドル。RAMなどがスペックアップしているので、これよりも高めになるのではと思います。

HP Chromebook 14 G5

2つ目はHP Chromebook 14 G5。こちらも教育機関向けですが、Chromebook 11 G6 Education Editionよりも対象年齢が上で中学生や教員向けとのこと。

14インチ フルHDディスプレイで、キーボードはChromebook 11 G6 Education Editionと同様に水濡れなどに耐性があります。

主なスペック

  • ディスプレイ : 14インチ IPS 1366×768 / 1920×1080 タッチスクリーン
  • CPU : Celeron N3450、N3350
  • RAM : 8GB
  • ストレージ : 16~64GB
  • インターフェース : USB Type-C(3.1) x2、USB Type-A(3.1) x1、3.5mmジャック
  • バッテリ : 47.36W、45W USB Type-C充電
  • サイズ : 33.7×22.6×1.83cm
  • 重さ : 1.54Kg

こちらも価格は不明で、前モデルの14 G4が259ドル。やはりスペックアップしているので、こちらも高めの設定になるものと思います。

Acer Chromebook 11(CB311-8HT / CB311-8H)

Acerが発表したのは、11.6インチ 1366×768のChromebook 11(CB311-8HT / CB311-8H)。プロセッサの型番は明かされていませんが、Celeronを搭載するとのこと。

HPのChromebookのような堅牢性はなさそうですが、249ドルからという価格と性能のバランスが特徴でしょうか。

主なスペック

  • ディスプレイ : 11.6インチ IPS 1366×768 タッチ(8HT) or ノンタッチ(8T)
  • CPU : intel Celeron
  • RAM : 4GB
  • ストレージ : 16/32GB
  • インターフェース : USB Type-C(3.1) x1、USB Type-A(3.0) x2、microSD
  • バッテリ : 10時間使用可能
  • サイズ : 厚さ18.15mm
  • 重さ : 1.1kg

いずれもCES 2018で詳細が公開される予定です。おそらく他メーカーからもChromebook製品が出てくるものと思います。

今年は日本でももう少し普及しないですかね。

(via Android Police 1, 2)
(source HP, Acer)

back to top