Nintendo SwitchでVRを観る方法。海外YouTuberが検証動画を公開

一応VRも視聴可能だけど、快適ではなさそう。

やっとマリオカートが発売されたNintendo Switchですが、流行りのVRは利用できるのか?を海外のYouTuberがゼルダの伝説を使って検証しています。

検証と言っても、ゼルダの伝説をVRに対応させたわけではなく、プレイ動画をVR用のフォーマットに変換してYouTubeにアップ。それをSwitchで再生させています。

Switchにはブラウザ機能がなく、通常はYouTubeの再生も行えませんが、実はブラウザ機能を有効にする方法があり、それを利用したとのこと。その方法は下記で紹介されています。PCでProxyを立てて、そこ経由でYouTubeにアクセスしているみたいですね(私自身は未確認)。

ちなみに、FacebookやTwitterを見るだけであれば、ユーザー設定 > SNSへの投稿設定から、直接ログインせずにFacebook等のリンクをたどることで観ることができます。

▲FacebookやTwitterのタイムラインは簡単に見れます。ポインターは表示されないけど、左スティックで操作が可能。

結論としては、VRを観ることはできるけど、VRとして有効な幅が狭く、画質にも問題がありそうだとのことです。

▲VRで表示すると有効な範囲は500px程度しかないとのこと。

実際にやるなら、Switch本体を使うのではなく、HDMI接続のVRヘッドを使うとかですかね。ヴァーチャルボーイの再来か・・・。

なお、使用したVRヘッドセットはDurovis Dive 7というタブレット用のもの。Switchがピッタリ収まるようです。日本のAmazonでも売っていましたが、3万円弱と無意味に高いです。米Amazonでは$55。ただし日本への発送は行っていません。

Durovis Dive 7 – Virtual Reality/Augmented Reality Tablet holder

米Amazonで購入

(via The Verge)
(source YouTube)

タグ: , , ,

back to top