GOPPA、日本で初めてUSB-IF認証を取得したUSB PD対応充電器「Energear」シリーズを12月下旬に発売

充電器もお高いですね。そこそこなモバイルバッテリが買えてしまう

GOPPAがUSB-IF認証を受けたUSB PDアダプタ「Energear」シリーズを12月下旬より発売します。USB-IF認証を受けたUSB PDアダプタは日本では初とのこと。

発売されるのは、65Wタイプと46Wタイプの2種類。

65Wタイプは、5V/3A、9V/3A、12V/3A、15V/3A、20V/3.25Aに対応。46Wタイプは5V/3A、9V/3A、12V/3A、15V/3A、20V/2.3A。どちらも15V/3Aに対応しているので、Nintendo Switchにも使えそうです(Switchのアダプタは15V/2.6A)。

また最近はノートPCでもUSB PD対応のものが増えていますが、もちろんそれらへ給電にも使えます(Macbook Pro 13付属のアダプタは61W、15インチが87Wです)。

それぞれ、1.8mのUSB Type-Cケーブルも付属。こちらもUSB-IF認証取得済みです。

AmazonなどでもすでにいくつかUSB PD対応の充電器が出ていますが、USB-IF認証は受けていなかったのですね。ちなみに認証を受けると下記のような認証マークを表示することが可能です。

USB PD対応なので、ポートはUSB-Cしかありませんが、Apple純正のUSB-C to Lightningケーブルを使えばiPhone 8やiPhone Xの急速充電も可能とのこと。

USB Type-C周りは規格が入り混じっており、粗悪な品も少なくないのでしっかりと認証を取得した製品を使うのが安心そうです。出力が高くなるPD対応ならなおさらのこと。

価格は65Wが7980円(税別)、46Wが6980円(税別)。なかなかのお値段ですが、Appleの純正アダプタが29Wが5200円、61W 7400円、87W 8800円と考えると、それほど割高ではないのかもしれません。

(source GOPPA)

タグ: ,

back to top