Google、スマートフォンを使ったVRプラットフォーム「Daydream」を発表

daydream

Googleが年次開発者会議Google I/O 2016において、Androidを利用した高品位なVRプラットフォーム「Daydream」を発表しました。

スタンドアロンなVRゴーグルではなく、Cardboardの発展形

発表されたDaydreamは噂されていたスタンドアロンなVRゴーグルではなく、スマートフォンをコアとしてVRゴーグルに組み込むCardboardの発展でした。SamsungのGear VRに近い感じのものになるようです。

daydream-4

Android NにはVRモード搭載

ただ単にスマートフォンを組み込んで使う、というだけではCardboardと大差ありませんが、Android NにはVRモードが搭載され、これを利用することでVRで使用中はVRアプリにマシンパワーを優先的に割り当てることができ、従来のレイテンシー(処理遅延)を100msから20msと大幅に少なくすることができるとのことです。

daydream

Daydream Readyなスマートフォン

Daydreamをより快適に利用するためには、プロセッサやグラフィックのパワー、そしてヘッドトラッキング用のセンサーなどが必要ですが、これらに対応したDaydream Readyも今秋から登場するようです。

daydream

そのスマートフォン開発のパートナーとして、Samsung、hTc、LG、Xiaomi、Huawei、ZTE、ASUS、alcatelの8社の名前が挙げられていました。Sonyが入っていないのがちょっと寂しいですね。

daydream-smartphone

専用ヘッドセットとコントローラ

Daydream用ヘッドセットのデザインも公開されました。Gear VRのような雰囲気で、ディスプレイとしてスマートフォンを組み込みます。

daydream

Wiiリモコンのような専用のコントローラもあり、VR内で様々なアクションを行えるようになるようです。

daydream

VR専用のホーム画面

Cardboardでは各アプリを立ち上げてからCardboardにセットするという形でしたが、DaydreamではGear VRのOculusホームのような専用のホーム画面が用意され、VR用のアプリのインストールもここから行えるようになります。

daydream

これまで対応していなかったGoogle Play Movieも対応するということで、VR空間上にパーソナルシネマが構築できそうです。

登場が楽しみなVR環境

期待していたスタンドアロンとは違いましたが、使うのが楽しみなVR環境になっています。とくにGoogle Play、Play Movieが標準対応するということで、他の動画アプリ(例えばAmazonビデオとか)も使えるようになるのではないかと期待しています。

タグ: , ,

back to top