Google、Project Tangoのサポートを2018年3月1日に終了。今後はARCoreに注力

結局、弄ったことないな……

Googleが2014年2月に発表した3D空間認識を行うAR技術、Project Tangoのサポートを2018年3月1日に終了すると発表しました。

Project Tangoは特別なセンサを搭載したスマートフォンやタブレットを用いてリアル空間を3Dマッピングし、AR上で利用できるものでした。

Tangoの終了によりARから手を引くということではなく、今後はARCoreに注力することになります。

ARCoreではTangoのように3Dでの空間認識は行えませんが、特別なセンサーなどが不要なのが特徴。Pixel向けにはすでにARCorewを用いたステッカーアプリをリリースしています。

▲PixelのARステッカー機能

市販されたTango向けスマートフォンはLenovoのLenovo Phab 2 ProとASUSのZenFone ARだけでしたが、ARCoreは現在Pixelのほか、Galaxy S8をサポートしています。

もっとも、ARCoreはまだDeveloper Previewの段階なので、正式リリース時にはもっと多くのデバイスがサポートされるのでしょう。

(via Android Authority)
(source Twitter)
(coverage ARCore)

back to top