Google、Android MessageにiMessage風機能を追加する「Chat」に取り組み中?

Alloは開発停止中とのこと

GoogleがAndroid標準のメッセージアプリ「Message」にiOSのiMessage風なやり取りができる機能の追加に取り組んでいるとThe Vergeが詳細に報じています。この取り組みは「Chat」と呼ばれているようです。

Chatはリッチ・コミュニケーション・サービス(RCS)のユニバーサルプロファイルに基づいたサービスで、SMSを置き換える、SMSの進化系とも言えるサービス。1対1のテキスト送信だけではなく、グループチャットや画像・動画の送信などもサポートします。

と、ここまで書いてなんですが、Android Message自体、すでにRCSには対応済み。どうやら「Chat」は新しいサービスを示すものではなく、RCSを普及させるための取り組みそのもの(プロジェクト名?)を指しているような雰囲気です。

Googleのチャットアプリといえば、誰が使っているのかわからないと揶揄されたりもするGoogle Alloがありますが、この開発は現在中止されており、そのリソースがChatに向けられているそうです。なお、同時期にリリースされた「Duo」は実は結構成功しており、こちらの開発は継続しているようです。

RCS自体、使用できるかどうかはキャリア次第のため、Googleだけが頑張ってもどうにもなりませんが、現時点で55のキャリア、11のメーカー、2つのOSがサポートを表明しています。


GSMのサイトより

この中にはドコモやKDDIもいますが、SoftBankはありません……。先日、国内3キャリアがRCSを使った「+メッセージ」を発表していますが、グローバルなRCSの取り組みとどれだけの互換があるのかは不明です。日本だけのガラパゴス仕様にならないといいのですが……。

(source The Verge)

back to top