Google、自社製Android Wearスマートウォッチ2機種を開発中

Android Wear

Googleが自社製のAndroid Wearスマートウォッチ 2機種を開発中のようです。

2つのGoogle製スマートウォッチ

Android Policeによると、開発されているのは少し大きめサイズでLTE、GPS、心拍モニタを搭載した「Angelfish 」と小さめでLTEとGPSが非搭載の「Swordfish」の2種類。

LTEに対応した「Angelfish」

まずAngelfishですが、円形ディスプレイで、ベルトを留めるラグが外に出ており、そのラグと筐体が滑らかにつながっている形状とのこと。moto 360よりもLG Watch Urbanに近い形状のようです。

右側面に3つのボタンがありますが、どのように使われるのかはわからないようです。
サイズは直径43.5mmで厚みは14mmとかなり大型になっています。

Pebble Time Roundに似た「Swordfish」

もう一つのSwordfishはPebble Time Roundによく似たデザインで、直径は42mm、厚みは10.6mm。
LTEとGPSは非搭載で、心拍モニタについてもない可能性が高いとのこと。
こちらのボタンは1つだけになっています。

Googleアシスタントに対応

どちらの機種もGoogleが5月のGoogle I/0で発表した新しい音声アシスタントに対応しているそうです。

Googleアシスタントに対応はいいのですが、いまだに音声入力に抵抗があります。
使っている人も見かけないし・・・需要はあるのかな?

(source Android Police)

タグ: , ,

back to top