2017.3.23

Googleマップで自分の場所をリアルタイムに共有できるように

Googleマップに自分のいる場所をシェアできる機能が追加されます。

これまでは自分の居場所を他の人に知らせるときには、近くのお店の住所なり座標なりをメールなどで共有するという方法がありましたが、これからは、自分のいる場所をGoogleマップ上でリアルタイムに共有することができるようになります。

10分だけとか、共有する時間も指定できるのがいいですね。
また、移動ルートも共有で、家を訪問するときとか、相手が今どの辺にいるのかも把握することが可能です。

新機能はAndroid/iOSのGoogleマップアプリに追加され、共有された相手はデスクチップ版でも確認できるとのこと。

待ち合わせしてるけど、相手がどこにいるのかわからない!なんてことはなくなるかもしれませんね。
屋内だと厳しいかもしれないけど。

(source Google)

タグ:

back to top