4月1日、今年のGoogle日本語入力は物理手書きバージョン。実際に試せます

TensorFlow.jsを使った本気のお遊び

世間はエイプリルフール。エイプリルフールと言えば、ここ数年Google Japanの日本語入力ネタが楽しみなのですが、今年も発表された。今年のネタは、Gboard物理手書きバージョンです。

Googleによると、「Gboard 物理手書きバージョンは分離式畳み込みニューラルネットワークによる文字識別器を搭載した組み込み向けプロセッサーが USB キーボードによって入力されたシーケンスから生成した画像内の特徴量を抽出し推論結果を Bluetooth で任意のデバイスに出力します」とのこと。

ようは物理キーボード上で文字を書くと、それを認識してくれるというもの。

実用性がありそうな、そうでもなさそうな微妙な感じもしますし、そもそもタッチパッドで良くね?という気もするのですが、自分の愛用のキーボードを使えるのが魅力なんだとか。

ここまで見てみても、いつもと比べてインパクトがないなぁっと思っていたのですが、なんとこの物理手書きバージョン、WEBサイト上で実際に試せます

入力できるのはひらがなと英数字のみですが、なかなかの精度で認識します。Googleの謎な本気を感じます。ひょっとすると意外と実用性があったりするのかもしれません。

ちなみに、キーボード表面がタッチパッドになるMokyというプロダクトが本当にあったりします。クラウドファンディングで開発中のものですが、間もなく出荷が開始される予定です。

(source Google)

back to top