Google Homeが10月6日(金)に日本発売、税抜14,000円、Google Home Miniは10月23日発売

いよいよ国内でも本格的にスマートスピーカーの時代が。

Googleアシスタントを利用できるスマートスピーカー、Google Homeが10月6日(金)に日本国内で発売されます。また、発表されたばかりのGoogle Home miniも10月23日(月)に発売となります。

Google Homeは最近はやりのスマートスピーカー。国内で日本語対応のスマートスピーカーはLINE WAVEが先行体験版として発売済みですが、フル機能対応なものはGoogle Homeが初となります。

Googleアシスタント自体はすでにスマートフォンでも利用可能ですが、Google Homeを使うことでスマートフォンがない場所でも使用可能。音楽再生はもちろんのこと、ニュースやスケジュールの読み上げ、各種スマートデバイスと連携し、音声での操作も行えます。また、Chromecastを使用しているなら、音声で動画を指定し、テレビに映すことも可能です。

Google Homeの大きな特徴として、最大6人の音声を聞き分ける「ボイスマッチ」が挙げられます。これは登録された音声を聞き分けることで、1台のGoogle Homeに最大6人分のアカウントを登録可能。例えばスケジュールの確認などは、呼びかけた声の持ち主のを認識し、その人のスケジュールを答えます。

新しいGoogle Home Miniも基本機能はGoogle Homeと同様。ただし、コンパクトな分スピーカーとしての機能は抑えられています。

取り扱うのはGoogle Storeのほか、楽天、ビックカメラ、ヤマダ電機、auショップ。

Google Storeでの注文は海外発送になりそうな気がするので、この週末に遊びたい人はそれ以外のショップがいいかもしれません。

(source Google)

タグ: ,

back to top