GoogleドライブとGoogleフォト、デスクトップアプリのサポート終了を発表。新アプリ「バックアップと同期」へ移行

サービス自体に変更はありません

GoogleがPC/Mac向けのGoogleドライブ、Googleフォトのサポートを12月11日に終了、2018年3月12日完全に停止すると発表しました。

とはいえ、これはサービスではなくアプリの話。

Googleは7月に既存のGoogleドライブ、Googleフォトを統合した新アプリ「バックアップと同期」をリリースしており、こちらへの移行を促すのが目的です。

現在、企業向けのG Suiteではこの「バックアップと同期」は利用できないのですが、9月26日にG Suiteユーザー向けに「Drive File Stream」を提供するとのこと。

先にも書きましたが、これはデスクトップアプリの話なので、WEBサービスそのものに変更はありません。従来通り使用可能です。

また、現在でもGoogleドライブやGoogleフォトのデスクトップアプリをダウンロードする場合、実際には「バックアップと同期」がダウンロードされるので、いつの間にかこれを利用しているという人もいるかもしれません。ちなみに、既存アプリのアップデートでも「バックアップと同期」がインストールされるはず(たしか)。

▲バックアップと同期の設定画面

何にしろ、一般ユーザーは特に気にする必要はない話しだとは思います。

(source Google)

タグ: , , , ,

back to top