HDR+対応のGoogleカメラが非公式に他機種に移植、Snapdragon 820/821/835端末で利用可能

物撮りにはいいかも。

Android純正のカメラアプリは、PixelやNexusなどで利用した場合には「HDR+」が利用可能になっています。ただし、そのアプリを他機種にサイドロード(APKを引っこ抜いて提供元不明のアプリとしてインストール)してもHDR+は有効にならなかったのですが、XDAで他機種でも利用可能に改変した物が配布されています。

Snapdragon 820/821/835端末でHDR+撮影が可能に

最近のスマートフォンはHDR撮影ができるもの多いですが、HDR+対応はまだ少数。ただ、HDRとHDR+の違いはなんなのかと聞かれると困るのですが、従来のHDRを拡張したもののようです。

XDAではそのHDR+を有効にしたカメラアプリが配布中。利用できるのはSnapdragon 820/821/835を搭載したスマートフォンです。

撮影に時間はかかるがノイズは激減

実際にSnapdragon 835のOnePlus 5にインストールして試してみました。

まず最初の2枚がOnePlus 5標準のカメラアプリを使い、HDRをONにしたものとOFFにしたもの。

▲左がHDRオフ、右がHDRオン

続いて、改変版のカメラアプリを使い、HDR+をONにしたものとOFFにしたもの。

▲左がHDR+オフ、右がHDR+オン

HDR+がONのものははっきりとノイズが少ないのがわかります。

ただ、撮影時間がおよそ倍ほどかかるので、シャッター速度が必要なものに使うのは難しいでしょう。静物や風景写真などでは力を発揮できそうです。

(via Android Police)
(source XDA-Developers)

タグ: , , ,

back to top