Google、Bluetoothデバイスとワンタップで接続可能な「Fast Pair」発表、Android 6.0以上で利用可能に

当然、機器側が対応している必要があります。

GoogleがBluetoothデバイスを自動的に検出し、ワンタップでペアリングが完了するFast Pairを発表しました。Android 6.0以降の端末で利用可能になるとのことです。

従来、Bluetoothデバイスとペアリングする際には、Bluetoothメニューを開き、デバイスをスキャンし、PINを入力して……と手間がかかりましたが、Fast Pairに対応した機器であれば、近くにあるだけで自動で検出、通知画面を1回タップするだけでPINなどの入力をすることなくペアリングが完了します。

AirPodsなどのApple製品がこれに近いことをすでに実現しており、うらやましいと思っていたAndroidユーザーも多いのではないかと思いますが、これからはうらやましがる必要もなくなりそうです。

ただ、先にも書いたようにBluetoothデバイス側がFast Pairに対応している必要があり、現在はGoogle Pixel Buds、Libratone Q Adapt On-Earが対応。そして間もなく、Plantronics Voyager 8200 seriesのヘッドフォンが対応するとのこと。

スマートフォン側は、Google Play開発者サービスが11.7以上にアップデートされると利用可能になり、アップデートはすでに配信が始まっています。

(source Google)

タグ: , , ,

back to top